Just another WordPress site

海外ドラマ感想「TITANS/タイタンズ」第10話 コリアンダー

f:id:Macky1991:20190903210746j:plain

 (あらすじ)

突然コリーに襲われたレイチェルは、そのショックから受け出せずにいた。同じ頃、自らの過去や不吉な予言について、コリーは衝撃の事実を思い出す。

※ネタバレ注意※

 

「TITANS/タイタンズ」とは 

 

www.netflix.com

 

相棒<サイドキック>が主役のアメコミ原作ドラマ

アメリカンコミックス作品の主人公はそのほとんどがスーパーヒーローであるが

今作はそのスーパーヒーローの相棒であるサイドキックが主人公として描かれた

DCコミックスの「TITANS」が原作である。

一昔前に児童向けに「ティーン・タイタンズ」としてアニメ化されたことがあり、

コミカルにディフォルメされたキャラクターデザインに

日本人女性ユニット「PUFFY」が主題歌を歌ったりするなど

明るくて面白い作風で人気を博していたが

今回のドラマ版「TITANS/タイタンズ」はダークな作風となり

バットマンの相棒でおなじみのロビンが容赦なく犯罪者を痛めつける描写など

過激な描写や衝撃的な展開が本作の見所となってます。

 

 

前回のあらすじ

  

www.macky1991.jp

  

昏睡状態のドーンを見守っているハンクは幼い頃を思い出す。

ハンクは弟のドンと2人でホークとダブとして多くの犯罪者達を罰していく。

一方ドーンは夢の中でバレリーナとして活躍してた頃を思い出す。

ドーンは母と帰宅している途中でハンク兄弟と会うが直後に交通事故に巻き込まれてしまう。

ドーンとハンクはその事故でそれぞれの親しい人を亡くすが

事故後のカウンセリングで再会し互いを愛し合うようになる。

ドーンはホークのコスチュームをハンクの部屋から見つけ出すと

ハンクから小学生の頃にコーチから受けた虐待に理由があると話され

ドーンはハンクにコーチに対して復讐すべきだと提案する。

ドーンとハンクはうまく連携しコーチを叩きのめし復讐をなす。

その後ハンクと寝たあとにドーンが起きるとレイチェルに助けを求められ目を覚ます。

ドーンは昏睡状態から目覚めるとハンクに

ジェイソンを見つけレイチェルを助けなければならないと伝える。

 

ストーリー

 

アンジェラの家についたディックとドナはレイチェルを殺そうとするコニーを止める。

自信の行なった行動に後悔するコリーは古い倉庫に向かうがディックとドナも彼女の後を追った。

その倉庫な中には宇宙船が隠されておりコリーとディック、ドナは船内に入る。

コリーの本名がコリアンダーでレイチェルがトライゴンを呼び起こすことによって

彼女の故郷である惑星タマランにも破滅がもたらせることを知り

その原因となるレイチェルを暗殺するために地球に訪れていたことが発覚する。

ディック達はアンジェラがトライゴンを信仰しており彼女がレイチェルを利用して

トライゴンを呼び起こそうとしていることに気付く。

ガーフィールドはアンジェラの家で幻覚を見始め体から出血し危篤状態に陥る。

アンジェラはガーフィールドを蘇生させるためには

トライゴンを呼び起こす必要があるとレイチェルに説得し

トライゴンを呼びおこさせてしまう。

この世界に再び訪れたトライゴンはアンジェラと再会し

レイチェルにガーフィールドの蘇生を頼まれた彼は容易く蘇生させる。

トライゴンは世界を破壊する前にレイチェルの心を破壊する必要があるとアンジェラに伝える。

ディック達はアンジェラの家に到着するがトライゴンの魔術により

家が見えなくなっておりディック以外は入れない結界が張られていた。

 

感想

 

コリーの正体が明確になったエピソードでしたがタマラン星で本名がコリアンダーということは

原作通りで行くとその惑星のプリンセスになるのですが

今回はそこまでは明かされませんでしたので

今後のエピソードで拾われるうのでしょうかね。

アンジェラの目的も明らかになりなんと彼女がトライゴンを呼び戻そうとしていたのは意外でした。

ドクターアダムソンがアンジェラを閉じ込めようとしていたのは理解できますね。

登場したトライゴンは原作とはかけ離れた普通の紳士のような姿で登場しましたが

今後原作のように赤い肌で角が2本生えた悪魔のような姿に変身するのでしょうかね。

登場人物が揃ってきましたが次回で最終回となってます。

今までの謎は明かされトライゴンの野望は阻止できるのか、

次回も楽しみです。

 

次回 

 

www.macky1991.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です