Just another WordPress site

海外ドラマ感想「TITANS/タイタンズ」第8話 ドナ・トロイ

f:id:Macky1991:20190903210746j:plain

 (あらすじ)

幼なじみのドナから日々を楽しむコツを教えてもらったディックだったが、うまくリラックスできない。レイチェルは母の身に起きた出来事を知ってゆく。

※ネタバレ注意※

 

「TITANS/タイタンズ」とは 

 

www.netflix.com

 

相棒<サイドキック>が主役のアメコミ原作ドラマ

アメリカンコミックス作品の主人公はそのほとんどがスーパーヒーローであるが

今作はそのスーパーヒーローの相棒であるサイドキックが主人公として描かれた

DCコミックスの「TITANS」が原作である。

一昔前に児童向けに「ティーン・タイタンズ」としてアニメ化されたことがあり、

コミカルにディフォルメされたキャラクターデザインに

日本人女性ユニット「PUFFY」が主題歌を歌ったりするなど

明るくて面白い作風で人気を博していたが

今回のドラマ版「TITANS/タイタンズ」はダークな作風となり

バットマンの相棒でおなじみのロビンが容赦なく犯罪者を痛めつける描写など

過激な描写や衝撃的な展開が本作の見所となってます。

 

 

前回のあらすじ

  

www.macky1991.jp

 

2人のロビンに捕らえられたドクターアダムソンはレイチェルに癒し能力があることを証明ため

自らの喉を切り裂きレイチェルに両手で触れさせると傷口が塞ぎドクターアダムソンは身をもって証明した。

ドクターアダムソンからディックとコリーにレイチェルの実母であるアンジェラがまだ生きていることを聞き出すが

それを知ったガーフィールドとレイチェルは勝手に2人だけで療養施設へと向かう。

ディックとコリーも駆けつけるが療養施設職員の策略により4人とも捕えられてしまう。

ディック、 ガーフィールド、 コリーはそれぞれ残酷な実験をさせられてしまい、

ドクターアダムソンはレイチェルに能力で彼女の父親を呼べば仲間を解放すると話すも

レイチェルは能力でドクターアダムソンの塞いだ傷口をまた開かせ死なせる。

レイチェルは彼女の実の母親であるアンジェラを見つけだし他のメンバーも救い出し、

コリーはロビンのスーツごと療養施設を燃やし4人ともその場から離れていく。  

 

ストーリー

 

一件落着しチームは一旦別れていくことになる。

レイチェル、コリー、ガーフィールドとアンジェラの4人は

オハイオ州にあるアンジェラの家まで移動することになり、

ディックは古い友人でありワンダーウーマンのサイドキックであるドナと再会し

彼女が撮ってきた写真の個展を眺めながら思い出に浸る。

電車で移動しているレイチェル達はFBIに密かに追跡されてたことをコリーが察しし

列車を止め無人の車両を爆破させ注意を引いて脱出する。

ドナが個人的に追っている密漁団を組織丸ごと一網打尽にするために一旦逃がそうとするが

ディックが割り込み密漁団の1人を倒してしまいドナを怒らせてしまう。

しかしなんとかその場を機に抜けたディックとドナは彼女の自宅で

ディックが以前撮影したコリーが書き留めていた謎の文字で書かれたメモを

ドナが古代に滅んだ文字だとわかり調べるととんでもないことが書かれていた。

ディックとドナはレイチェルに知らせるためにアンジェラの家に向かう。

アンジェラの家についていたレイチェルは能力を使ってコリーの記憶を呼びさまそうと試みるが

コニーは記憶を取り戻した直後にレイチェルの喉を掴み持ち上げるのだった。

 

感想

 

まさかの2代目ワンダーガールでありワンダーウーマンのサイドキックでもあるドナも登場するとは

登場するヒーローがマーベル原作ドラマよりも豊富でいいですね。

レイチェル達も無事にアンジェラの家についてコニーの記憶を取り戻そうとするも

突然コニーがレイチェルの首を掴んだのはやはり父親のトライゴンを呼び寄せないためかも知りません。

一連の問題も終えてディックがチームから離れていったけど

レイチェルをコニーから助けるためにサイド合流するみたいなので

次回の展開がとても気になります。

次回も楽しみです。

 

次回 

 

www.macky1991.jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です