Just another WordPress site

海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン5 第4話 51歳 あらすじ&ネタバレ

f:id:Macky1991:20191020200120j:plain

(あらすじ)

リディアは麻薬取締局に社員を差し出す。そこへマイクが送り込んだのはジェシーだった。ウォルターは家族を案じるスカイラーに安全だと言い張る。

※ネタバレ注意※

 

「ブレイキング・バッド」とは 

 

www.breakingbad.jp

 

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

 

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

 

前回のあらすじ

 

www.macky1991.jp

  

 ウォルターはスカイラーの落胆に家に戻ります。 Walter、Mike、およびJesseは、「調理する」新しい場所を見つけることについて話し合うためにSaulと会います。 彼らは、害虫駆除事業をカバーとして使用し、引っ張られた家で料理をします。 最初の料理人の収入を分割するときが来ると、ウォルターは、逮捕されたときに資産が押収されたマイクの元男性に行く金額に腹を立てます。 ウォルターはジェシーに、この状況を改善する試みを検討するかもしれないとほのめかします。

 



 

 

ストーリー

 

 Lydiaは自分の従業員をDEAに提供し、Mikeは彼女の代わりにJesseを提供します。 一緒に、彼女とジェシーはバレルのメチルアミンに追跡装置を見つけます。 マイクは自分でデバイスを設置したと考えています。 ウォルターがスカイラーに再び料理を認めた後、彼らは子供たちの安全について話し合います。 スカイラーは、子供たちがハンクとマリーと一緒にいる方が安全だと判断しました。 一方、ハンクはASACに昇格します。

 

感想

 

次回も楽しみです。

  

次回 

 

〜執筆中〜

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です