Just another WordPress site

海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン5 第2話 再始動に向かって あらすじ&ネタバレ

f:id:Macky1991:20191020200120j:plain

(あらすじ)

ウォルターとジェシーは新パートナーを探しビジネスを再開することを決める。一方、麻薬取締局は黒幕を仕留めるため、あらゆる可能性を探っていた。

※ネタバレ注意※

「ブレイキング・バッド」とは 

www.breakingbad.jp

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

前回のあらすじ

www.macky1991.jp

フラッシュフォワードでは、異なるアイデンティティのもとで生活しているぼろぼろのあごひげを生やしたウォルトが、52歳の誕生日(1年後)にアルバカーキのデニーズのレストランで朝食をとります。 彼は代金を支払い、パトロンからキーを受け取ります。このキーを使用して、M60機関銃の入った車のトランクを開けます。 現在、ウォルトが家族に会いに行くと、カーサトランキーラのシニアセンターで3人が死亡したというニュースが広がります。 ウォルトは巨大な磁石を使用して、警察スーパーラボのガスフリンのラップトップに保存されているジェシーとジェシーの活動の証拠を破壊します。 マイクは位置情報の第三者として機能します。



 

ストーリー

Los Pollos Hermanosの親会社であるMadrigalのドイツ人ビジネスマンは、Gus Fringとの関係についての質問を回避するために自殺します。 DEAは、何かを見つけることを期待して、さまざまなリードをフィルタリングします。 生活を再構築し、新しい収益性の高い薬物ビジネスを形成するために、ウォルトとジェシーは新しいパートナーとしてマイクに目を向けることにしました。 マイクは拒否しますが、マイクの孫娘のために設定されたケイマン諸島のアカウントガスがDEAによって凍結されていることをすぐに知ります。 リディアというマドリガルの幹部がヒットマンを雇い、マイクを含むガスと結びつけることができる人々を殺し始めました。 マイクは攻撃者を妨害し、リディアを殺しに行きますが、代わりに彼女にウォルトとジェシーのメチルアミン供給者になるように頼みます。  

感想

次回も楽しみです。

次回 

〜執筆中〜



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です