海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン4 第13話 フェイス・オフ あらすじ&ネタバレ


(あらすじ)

ガスを殺すはずが計画倒れとなり、すぐにウォルターとジェシーは他の方法探しに躍起になる。うまく行かなければ自分たちが殺されるだけだった。

※ネタバレ注意※

「ブレイキング・バッド」とは 

www.breakingbad.jp

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

前回のあらすじ

www.macky1991.jp

スカイラー、ウォルトジュニア、およびホリーは、ハンクとマリーの主張でDEA保護に入ります。 アンドレアはジェシーを病院に呼びます。息子のブロックが、インフルエンザのような不思議な病気で危機的な状態にあるからです。 ジェシーはリシンの小瓶がなくなっているのを見つけ、ウォルトに立ち向かい、ブロックを毒殺したのではないかと疑った。 ウォルトはジェスにガスが中毒をしていることを確信させ、2人はガスを殺さなければならないことに同意します。 ウォルトはガス爆弾でガスを殺そうとするが、ガスは車から離れる。


 

ストーリー

探偵はブロックについてジェシーに質問します。 その後、ウォルト、ジェシー、およびサウルは、老人ホームでヘクターを訪れるとガスが傷つきやすいことに気付きます。 ジェシーがガスの男性に誘kidされた後、ウォルトはヘクターを訪問し、ガスに復venするために使用する自爆爆弾を密輸します。 ガスがヘクターを殺すために訪れたとき、ヘクターは爆弾を爆発させ、自分自身、ガスのボディーガード、タイラス、そして最終的にガス自身を殺した。 ウォルトはジェシーを救出し、ジェシーはブロック病はリシンによるものではなく、スズランの植物からの果実であると言います。 二人はガスがまだ殺される必要があることに同意し、彼らはメタラボを破壊します。 スカイラーは老人ホームの爆発に関するニュースを見てウォルトに電話し、スカイラーに「私は勝った」と宣言します。 

感想

次回も楽しみです。

次回 

〜執筆中〜