Just another WordPress site

海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン4 第9話 膨らむ疑惑 あらすじ&ネタバレ

f:id:Macky1991:20191020200123j:plain
(あらすじ)

ハンクの捜査の手がアルバカーキのドラッグ工場に伸び、ウォルターは邪魔を企てる。ガスはメキシコの麻薬カルテルと取引を余儀なくされる。

※ネタバレ注意※

 

「ブレイキング・バッド」とは 

 

www.breakingbad.jp

 

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

 

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

 

前回のあらすじ

 

www.macky1991.jp

 

フラッシュバックでは、ガスは養護施設でヘクター(トゥコの叔父、別名ティコ)を訪問し、ハンクを殺そうとした後、彼のneの死を知らせます。 現在、GusはハンクとDEAによって質問されています。 HankはWaltにGusの車に追跡デバイスを設置させますが、WaltはMikeがいることを確認し、Gusにデバイスを見せます。 ウォルトは、ジェスにできるだけ早くガスを毒するように言います。 ガスは再びヘクターを訪れます。 別のフラッシュバックでは、ガスと彼のビジネスパートナーであるマックスは、1989年にドラッグキングピンドンエラディオに近づくとヘクターに会います。 ガスとマックスはドン・エラディオのために、マックスを料理人、ガスをビジネスマンとする高品質のメスを生産することを申し出ます。 ドン・エラディオの指示で、ヘクターはガスへの警告としてマックスを撃ち殺します。

 



 

 

ストーリー

 

Tedはスカイラーに、IRSが彼を監査していると伝えます。 スカイラーは、テッドの簿記係として、彼女も、そしてウォルト協会によっても調査できるのではないかと心配しています。 ハンクの研究によりガスのデポが明らかになったため、ジェシーが持ち込まれ、すべての製品の洗浄と移動を支援しました。 ガスはカルテルを呼び出し、彼らの要求に応じて、ジェシーにウォルトの式を調理できるかどうか尋ねます。 ウォルトとジェシーは、彼らの信頼の問題をめぐって大きな戦いを始めます。

 

感想

 

 

次回も楽しみです。

  

次回 

 

〜執筆中〜

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です