海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン4 第8話 ガスの過去 あらすじ&ネタバレ


(あらすじ)

ガスこそアルバカーキを牛耳る闇のドラッグ商だという証拠をハンクが握ったと分かり、ウォルターはジェシーとともに殺されるのではないかと考える。

※ネタバレ注意※

「ブレイキング・バッド」とは 

www.breakingbad.jp

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

前回のあらすじ

www.macky1991.jp

www.macky1991.jp

スカイラーは、洗車でウォルトのメタラボの収益をどのようにうまく洗浄できるか確信が持てません。 ウォルトはジェシーにガスを殺すよう説得し、研究室でリシン毒を調合し、ジェシーは彼のタバコの1つに隠します。 ジェシーはGuしてガスを毒しません。 カルテルはガスに最後通atumを提供しますが、彼はそれを拒否します。 Jesseは12ステップのグループに戻ります。 ハンクはウォルトジュニアと共にガスのレストランを訪れ、カップからガスの指紋を取得します。


 

ストーリー

  フラッシュバックでは、ガスは養護施設でヘクター(トゥコの叔父、別名ティコ)を訪問し、ハンクを殺そうとした後、彼のneの死を知らせます。 現在、GusはハンクとDEAによって質問されています。 HankはWaltにGusの車に追跡デバイスを設置させますが、WaltはMikeがいることを確認し、Gusにデバイスを見せます。 ウォルトは、ジェスにできるだけ早くガスを毒するように言います。 ガスは再びヘクターを訪れます。 別のフラッシュバックでは、ガスと彼のビジネスパートナーであるマックスは、1989年にドラッグキングピンドンエラディオに近づくとヘクターに会います。 ガスとマックスはドン・エラディオのために、マックスを料理人、ガスをビジネスマンとする高品質のメスを生産することを申し出ます。 ドン・エラディオの指示で、ヘクターはガスへの警告としてマックスを撃ち殺します。

感想

次回も楽しみです。

次回 

〜執筆中〜