Just another WordPress site

海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン4 第6話 それぞれの不安 あらすじ&ネタバレ

f:id:Macky1991:20191020200123j:plain
(あらすじ)

夫が悟らない真実について思いを巡らせるスカイラー。夫婦の溝が浮き彫りになる。ジェソーはマイクとガスにまだ自分が役に立つと証明しようとする。

※ネタバレ注意※

 

「ブレイキング・バッド」とは 

 

www.breakingbad.jp

 

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

 

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

 

前回のあらすじ

 

 

www.macky1991.jp

 

 マイクはジェシーをコレクションに連れて行き、ウォルトに自分が無事であることを保証します。 ウォルトとスカイラーは洗車を購入し、その後スカイラーはウォルトに家に戻るように頼みます。 酔っ払ったウォルトにゲイルが天才だったとハンクが提案したとき、ウォルトはハンクに、ゲイルが他の作品をコピーした可能性が最も高いと信じていると話す。 そのため、ハンクの事件の追跡は更新され、彼はゲイルの所持品にロス・ポロス・エルマノスのナプキンを見つけました。

 



 

 

ストーリー

 

前夜の夕食時のウォルトの行動について議論した後、スカイラーは立ち去る。 ウォルトは、ウォルトジュニアスカイラーのために派手な新車を購入し、ウォルトに車を返すよう依頼します。 ウォルトはジェシーに、ガスが彼とジェシーの間をくさびで動かしている疑いがあると言い、ジェシーはマイクにとって有用だと証明する。

 

感想

 

 

次回も楽しみです。

  

次回 

   

www.macky1991.jp

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です