海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン3 第10話 かなわぬ最期 あらすじ&ネタバレ


(あらすじ)

過酷で孤独な精製作業で疲弊するウォルターとジェシー。すると、一匹のハエが完璧なはずのラボに迷い込んでいるのが分かるのだが…。

※ネタバレ注意※

「ブレイキング・バッド」とは 

www.breakingbad.jp

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

前回のあらすじ

www.macky1991.jp

ウォルトとジェシーは現在、新しいラボで完全に生産されており、合意どおり週に最低200ポンドのメタを簡単に生産しています。 ウォルトの義理のハンクは病院でまだ回復中であり、マリーはハンクが完全に回復するために必要な理学療法の量と質を彼らの健康計画が提供しないことを知ったとき何をすべきかについて迷っています。 彼の足。 スカイラーは、ウォルトが成功したギャンブラーになったので、余裕があると主張して、彼女とウォルトが請求書を支払うことを提案します。 ゴメスはハンクに、7つの州で販売されているブルーメットを示す地図を見せ、ハイゼンベルクがまだ活動していることをハンクに伝えた。 ウォルトは、自分の命が危険にさらされていることに気付き、彼を救ったのはガスの介入だけでした。


 

ストーリー

ウォルトは不眠症に苦しんでおり、彼が行った選択と彼の人生の方向性を心配しています。 ジェシーが製品の一部をスキミングしていることを知らずに、彼は式の数値が加算されず、各バッチが生成するはずのものがわずかに不足していることも心配しています。 彼が研究室でイエバエを発見したとき、細心の注意を払うウォルトも懸念します。 汚染を心配して、彼はそれを殺すために極度に行きます。 ジェシーは興味深い方法で彼の救助に来ます。 眠気からのせん妄とジェシーがコーヒーに入れた睡眠薬の近くで、ウォルトはジェーンと彼女が亡くなった夜を繰り返し言及しますが、ジェシーに彼女の死を目撃し、彼女の命を救うための行動を取らなかったことを告げるのをやめます。 ウォルトが寝ている間、ジェシーは自分でバッチを調理します。 翌朝の駐車場で、ウォルトは不足している半ポンドのメタンを参照し、ラボに隠しカメラがあるかもしれないとジェシーに警告します。

感想

次回も楽しみです。

次回 

www.macky1991.jp