海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン3 第9話 不条理な世界 あらすじ&ネタバレ


(あらすじ)

退院後にハンクが受けるリハビリの件で保険会社の言い分に苛立つマリー。ジェシーは自分の分け前があまりに少ないのにうんざりしていた。

※ネタバレ注意※

「ブレイキング・バッド」とは 

www.breakingbad.jp

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

前回のあらすじ

www.macky1991.jp 

ジェシーは病院を去り、ハンクが彼を攻撃した後、ハンクが4つの銃創で重篤な状態で入院しているのを見ます。ハンクの妻マリーは、ハンクの上司とパートナーを攻撃し、彼が銃を奪ったと聞いたとき、無防備になりました。彼女はウォルトにも怒っています。彼女は、そもそもハンクをジェシー・ピンクマンの事件に巻き込んだと非難しています。彼の新しい地下研究所に戻って、ウォルトは彼がもはや必要でないことをゲイルに伝えなければなりません。ウォルトが病院で暇な時間を過ごすと、ジェシーは自分の研究室に残され、その機器はよく知らないので、彼は割り当てを満たそうと心配します。病院で、ウォルトはメキシコのいとこが傷から回復しているのを見て、彼らもおそらく彼の後を追っていると気づきます。しかし、マイクは後で従兄弟を毒殺します。ガスは病院を訪問することを決め、ウォルトはすぐに、ガスがハンクが義理の兄弟であることをしばらく知っていることを知ります。ガスとの電話での会話中、麻薬王フアン・ボルサが自宅で射殺される。


 

ストーリー

ウォルトとジェシーは現在、新しいラボで完全に生産されており、合意どおり週に最低200ポンドのメタを簡単に生産しています。 ウォルトの義理のハンクは病院でまだ回復中であり、マリーはハンクが完全に回復するために必要な理学療法の量と質を彼らの健康計画が提供しないことを知ったとき何をすべきかについて迷っています。 彼の足。 スカイラーは、ウォルトが成功したギャンブラーになったので、余裕があると主張して、彼女とウォルトが請求書を支払うことを提案します。 ゴメスはハンクに、7つの州で販売されているブルーメットを示す地図を見せ、ハイゼンベルクがまだ活動していることをハンクに伝えた。 ウォルトは、自分の命が危険にさらされていることに気付き、彼を救ったのはガスの介入だけでした。

感想

次回も楽しみです。

次回 

www.macky1991.jp