Just another WordPress site

海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン3 第8話 復讐の裏側 あらすじ&ネタバレ

f:id:Macky1991:20191006182048p:plain
(あらすじ)

麻薬カルテルの襲撃を生き延び一命を取り留めたハンク。ドラッグの精製は滞り、ウォルターはなんとかその状況をガスにごおまかそうとする。

※ネタバレ注意※

 

「ブレイキング・バッド」とは 

 

www.breakingbad.jp

 

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

 

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

 

前回のあらすじ

 

www.macky1991.jp

 

 

嘘の電話はジェシーの手引きだと思い込んだハンクは

ジェシーを一方的に殴り倒して病院送りにしてしまい

DEAからバッジと銃を没収されてしまう。

 

マリーに花束を買ってあげて帰ろうと車に乗ると

「まもなく二人組が襲いに来る」という匿名の電話を受けると

トゥコのいとこでもあるメキシコ麻薬カルテルの二人の暗殺者が襲いかかってくるのであった。

 



 

 

ストーリー

 

治療を終えたジェシーが病院を退院するときに

重症のハンクが手術室に担ぎ込まれるところを目撃する。

ハンクの妻マリーはハンクの上司とパートナーから

銃をとりあげられた後だったことを知り二人を責める。

 

またハンクがジェシーの捜査をしていたこと知ったマリーはウォルターも責める。

ガスの地下ラボに戻ったウォルターはその場にいたゲイルに

ジェシーを雇うため解雇することを伝える。

 

病院でハンクは無事一命を取り留めたことを家族と聞くウォルター。

家に戻って備品を撮りに行こうとするとハンクの同僚たちと会い

彼らに誘われて生き残ったメキシコの暗殺者の一人がいる病室を見に行く。

彼も一命は取り留めたものの両足を失う重症を負っていた。

 

ガスは病院に訪問するとDEAとウォルターの家族から歓迎を受ける。

表では善人として振舞うガスにハンクを見逃して欲しいと

ウォルターは頼むとガスはそのことを了承する。

その直後生き残りの暗殺者の容態が急変してすぐさま亡くなる。

 

メキシコにいる麻薬王フアン・ボルサから電話を受けるガスは

彼の部下である暗殺者が死んだことを責められる。

すると麻薬王は警察の襲撃を受けてしまい銃殺される。

ガスは銃声を聞くと笑顔で通話に使った携帯電話を折り曲げて捨てるのであった。

 

感想

 

ハンクが無事で良かったですが脊椎にダメージを受けたせいで

回復するまでしばらくリハビリが必要な体になってしまったようです。

これでDEAから視線をそらすことができるようですが

ハンクはもうDEAに復帰できないのかも知りませんね。

 

暗殺者の一人は生き残ってたので取り調べを受けたら

ウォルターの正体がバレてしまうと思いましたが

都合よく容態が急変して死んでしまいました。

 

でもどうやらガスが病院にDEAと家族にファストフードを届けている間に

何者かに毒物を仕込ませたのかも知りませんね。

いくら暗殺者といえど悲惨な末路です。

 

ジェシーのために優等生のゲイルが解雇されてしまうのは

少し理不尽に感じましたが今後も登場することがあるのでしょうかね。

逆恨みで復讐するような人物には見えないので悪い形での登場はないかも知りません。

 

何はともあれハンクが無事でよかったエピソードでした。

次回も楽しみです。

  

次回 

 

www.macky1991.jp

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です