Just another WordPress site

海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン3 第5話 新しいラボ あらすじ&ネタバレ

f:id:Macky1991:20191006182048p:plain
(あらすじ)

スカイラーはウォルターが帰ることに反対していたが考え直す。だが彼はドラッグ・ビジネス再開を目論んでいた。ハンクの執念はジェシーを追い込む。

※ネタバレ注意※

 

「ブレイキング・バッド」とは 

 

www.breakingbad.jp

 

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

 

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

 

前回のあらすじ

 

www.macky1991.jp

 

ウォルターはスカイラーの浮気相手であるテッドのところに行き

職場で暴れまわるが追い出されてしまい

さらにマイクに有無を言われずソウルのところへ連れて行かれてしまう。

 

ソウルはウォルターにメスの生産を続けるよう説得するが

ウォルターは提案を拒否してソウルとの決別を宣言して出て行く。

 

 ガスの部下に精製したメスを渡すが半分の金額しか貰えずジェシーは怒る。

残りの半分はウォルターに何も知らされずに突然車の窓越しに渡されたのであった。

 



 

 

ストーリー

 

 

ウォルターはガスの部下から送りつけられた報酬が

彼が携わっていないジェシーの精製したメスの利益の半分であると見抜き

ガスにビジネスに誘われるがウォルターはそれでも拒否する。

 

ガスはウォルターを彼が経営しているクリーニング工場に連れて行き

入口が隠された地下室へと連れて行く。

そこには大量のメスが精製できる新品の大型機材が揃っていた。

 

一方、ハンクはキャンピングカーの調査を続けていくが成果は今一つであった。

マリーはハンクに悩みがないのか聞くがハンクはないと嘘をつく。

マリーはスカイラーにハンクのことで相談する。

 

スカイラーはウォルターが隠していた大金を見つけて

ウォルターと和解できると信じ始めるが

家を離れた隙にウォルターによって署名された離婚契約を見つけ

さらに大金を全て持ち去られたことを知る。

 

ジェシーはソウルを介してメスの分け前について話し合いをするが

ウォルターは申し出を断りガスとビジネスに取り組むことを話し

自分の製法でメスを生成しないようジェシーに忠告する。

 

ハンクはキャンピングカーを所有していた女性と会う。

キャンピングカーは彼女の息子であるコンボによって盗まれ友人に売られたと話す。

警察に届けなかったのは息子の逮捕を恐れていたからであった。

コンボの部屋に入ったハンクはコンボと一緒に写ったジェシーの写真を見つけるのであった。

 

感想

 

クリーニング工場の地下にラボが作れているのはスパイ映画の悪役の秘密基地みたいで

ガスがより悪の首領に見えてきて恐怖を感じます。

 

シーズン1の第1話で初めてメスを精製したキャンピングカーの入手の経緯が明らかになりましたが

コンボが生き生きしていた姿を見るとそのあとに訪れた末路のことを考えると悲しく思います。

 

ウォルターは本格的にメスの精製に復帰するようですが

ジェシーとは決別する道を歩むようです。

これが最善の選択になるのか、または最悪な展開へと繋がって行くのか気になります。

 

次回も楽しみです。

  

次回 

  

www.macky1991.jp

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です