Just another WordPress site

海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン2 第10話 ビジネスの引き際 あらすじ&ネタバレ

f:id:Macky1991:20190922033130p:plain

(あらすじ)

ガン治療で思わぬいい結果が出たウォルター。家族との関係を築き直したいところだが、あることで義理の弟ハンクに逆上してしまう。

※ネタバレ注意※

 

「ブレイキング・バッド」とは 

 

www.breakingbad.jp

 

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

 

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

 

前回のあらすじ

 

www.macky1991.jp

  

自分の家族に遺せるお金があまりないことに気付いたウォルターは

週末ジェシーとともに砂漠のど真ん中のキャンピングカーにて

メスの精製を再開する。

 精製を終えて戻ろうとするが車にキーを差しっぱなしにしていたため

バッテリー切れを起こし人気もない砂漠のど真ん中で立ち往生することになってしまう。

 

熱中症と脱水症状で意識が朦朧としながらも

ウォルターの閃きでバッテリーを作り完成させて

うまく動作して無事に砂漠を出ることに成功する。

 

 

 

 

ストーリー

 

彼の状態についての良いニュースにもかかわらず

ウォルターは不満と怒りで満たされ始めていく。

 

スカイラーは嬉しいニュースを祝うためにパーティーを開き

ウォルターをサポートしたすべての友人に感謝する。

 

しかし、酔ったウォルターは未成年である息子に酒を強制的に飲ませるなど

我儘で自己中心的な態度をとり始めてしまい

それを見かねたハンクと口論になってしまう。

ウォルターは自分のした振る舞いを恥ずかしがり後悔して謝罪する。

 

ウォルターはジェシーにガンが完治し始めたことを伝え

彼らの小さな事業を終えたいと話す。

 

ジェシーはジェーンとの関係がさらに深まっていくが

ジェーンの父親が彼女に会いに来てしまい

父に関係を知られてくないジェーンによってジェシーは追い出されてしまう。

 

感想

 

前回のラストからウォルターの情緒が不安定になったような行動を確認しましたが

今回は息子と義理の弟に当たってしまうという形で現れてしまったのは残念です。

過ちに気づいたウォルターは謝罪して何とか仲直りできましたが

今後もまた起こしてしまうと関係修復が難しくなってしまいそう。

 

ジェシーはジェーンとの仲がさらに深まっていましたが

ジェーンの父親が現れたので新しい障壁になってしまいました。

2人の恋はうまいこと成就できるのでしょうかね。

 

今回のエピソード冒頭に謎の映像が挿入されていましたが

ウォルターのプールから証拠品を回収し終えた捜査員たちが

家の駐車場に向かうと別の捜査員が2つの死体袋を用意し終えたところでした。

銃撃によるものなのかウォルターの車の窓は割れていました。

 

この映像は悲劇的な末路に進んでいることを示唆していますが

死体袋の2人はウォルターの身内なのでしょうか

考えただけでも身の毛がよだちます。

 

先行きが不安に感じるエピソードでしたが次回も楽しみです。

 

次回 

  

www.macky1991.jp

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です