Just another WordPress site

海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン2 第7話 噂の男、ジェシー あらすじ&ネタバレ

Google Adsense

f:id:Macky1991:20190922033130p:plain

(あらすじ)

ジェシーがドラッグの売買を牛耳っているという巷の噂を知りウォルターは売上拡大のチャンスと考える。ハンクは新天地エルパソで仕事を開始する。

※ネタバレ注意※

 

「ブレイキング・バッド」とは 

 

www.breakingbad.jp

 

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

 

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

 

前回のあらすじ

 

www.macky1991.jp

 

ジェシーはスキニーからメスを奪った薬物常習のカップルに取り立て向かうが

ゴミだらけの部屋の中に通販番組しか映らないテレビを見るカップルたちの幼い子供しかいなかった。

 

カップルが帰ってきたので2人とも捕らえてメスの在り処を聞き出すが

在り処を思い出せないので金で弁償すると言われ

家の中にスーパーで強盗してきたATMを持ち込む。

 

強固に作られたATMの金庫はどんな方法でも開けられず

隙を見せてしまったジェシーはカップルに襲われ形勢逆転してしまう。

ジェシーは目を覚ますと薬物中毒のカップルが口喧嘩しており

最終的に彼氏はATMによって頭を潰されてしまう。

 

彼女は彼氏が持っていた残りのメスを服用するだけで

ジェシーとATMの金は眼中ではなかった。

ATMから金を回収したジェシーはその家から離れていくのだった。

 

 

 

 

ストーリー

 

ウォルターは奪われたメスの進捗状況について

ジェシーに何度も連絡をしてみるが

一つも応答されなかったためウォルターは直接ジェシーの家に向かう。

 

ジェシーは家の中に引きこもっており

取り立てに行ったときに目の前でカップルの男が

ATMで頭を潰されたところを目撃したためにトラウマ状態となっていた。

 

メスの代金分をウォルターに渡したジェシーは休みを取るために

ウォルターに直接路上販売しているジェシーの仲間たちにメスを届けるよう頼む。

 

待ち合わせ場所の博物館でバッジャー達は

ハイゼンベルグと名乗るウォルターと会う。

彼から販売用のメスを受け取るとバッジャーは

ジェシーがメスを奪った相手をATMで頭を潰したのは本当なのかと聞く。

 

ウォルターはこの誤情報は事実であると嘘をついて

ジェシーが手段をいとわない冷酷な殺人鬼であるという評判をでっち上げる。

 

売り上げを上げるために販売網を広げたいウォルターは

再度ジェシーのところに向かい

ジェシーの評判を用いれば他所の縄張りまで販売網を広げることができると提案する。

 

スカイラーはウォルターのガンの治療費を少しでも多く稼ぐために

昔勤めていた建設材製造会社ベネキー・ファブリケーターズの経理として再就職する。

 

ハンクはDEAを率いてエルパソでメキシコ・カルテルをおびき出す作戦に従事していた。

メキシコ・カルテルの一員でありDEAへの情報提供者でもあるトルトゥーガは

作戦通り仲間を呼びに行ったものの時間が経つだけだった。

 

すると遠くにトルトゥーガの姿を確認したので

近寄ってみるとリクガメに頭だけを載せられた姿で戻ってきた。

作戦は失敗し捜査員の1人が亀の甲羅から頭を持ち上げると爆弾が起爆する。

幸いにもハンクは亀から離れていたため無事に済んだが

亀の周りにいた捜査員達は木っ端微塵に吹き飛ばされ

あたり一面悲惨な惨状となっていた。

 

感想

 

ジェシーは無事に戻ってこれたものの

ハンクのようにトラウマになってしまいましたが

ウォルターに鼓舞されたお陰で復帰できたのは良かったです。

 

しかし、ウォルターがここまで悪知恵を働かせるようになってしまって

初期の頃の哀れな教師の姿はもうすでになく

教え子を利用してまでも金を求める悪魔に見えてしまいます。

 

また販売網を広げるということは

他所の組織の縄張りを侵すということなので

後に抗争に発展しそうで不安です。

 

エルパソで捜査に従事するハンクはとんでもない場面に出くわしてしまいましたが

奇跡的に怪我がないことは幸いです。

メキシコ・カルテルを裏切っただけで殺されてしまうだけでなく

爆弾に作り変えられてしまうとはとても残虐な組織だということが分かりました。

今後のエピソードでウォルター達と縄張り争いなどで衝突することがあるのでしょうかねえ。 

 

今回は怖いエピソードでしたが次回も楽しみです。

 

次回 

  

www.macky1991.jp

 



 

Google Adsense

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です