Just another WordPress site

海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン2 第2話 消息不明 あらすじ&ネタバレ

f:id:Macky1991:20190922033130p:plain

(あらすじ)

麻薬取締局はハンクの主導でトゥコを捕まえる作戦を開始する。一方、姿を消したウォルターを心配するスカイラーはハンクに助けを求める。

※ネタバレ注意※

 

「ブレイキング・バッド」とは 

 

www.breakingbad.jp

 

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

 

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

 

前回のあらすじ

  

www.macky1991.jp

   

廃車置き場で取引を終えたウォルターとジェシーはトゥコの凶悪性に恐怖を覚える。

ウォルターとジェシーはトゥコの部下のような末路を迎える前に先にトゥコを手にかけることを決める。

しかし、ハンクから廃車置き場でトゥコの部下2人の死体が見つかったとの連絡が送られる。

ウォルターはトゥコの仕業だと察し逃げ出そうとするがジェシー共々車でどこかに連れていかれる。

 

 

 

 

ストーリー

 

狂ったトゥコに誘拐されたウォルターとジェシーは人里離れた砂漠の隠れ家に連れ込まれる。

トゥコは麻薬取締局がアジトに踏み込まれたのはウォルターが原因だったと思ってたが

薬物を服用しているトゥコは最終的に部下が犯人だと結論づける。

元麻薬王であるトゥコの叔父は脳卒中により車椅子と意思表示のためのベルが欠かせずトゥコの世話を受けていた。

 

ウォルターの義理の弟であるハンクはトゥコの捜査に取り掛かり始める。

突然姿を消したウォルターのことが心配になったスカイラーは町中に捜索のビラを貼り続ける。

 

ウォルターは薬物に見立てた毒薬をトゥコに飲ませようとするが失敗してしまう。

トゥコの叔父がウォルターの策略を見抜きベルでトゥコに伝えようとすると

トゥコはジェシーを外に連れ出し撃ち殺そうとするが

隙を突かれてしまいジェシーに石で頭を殴られ反撃され腹を撃たれてしまう。

車が近づく音に気づいたウォルターとジェシーは隠れ家から離れ地面に寝そべり様子を伺う。

 

車から降りたのは手掛かりを元にジェシーを探していたハンクだった。

ハンクは負傷しているトゥコを発見するがトゥコが銃器を手にしたために銃撃戦となる。

最終的にハンクはトゥコの頭部を撃ち抜くが

身内にバレてしまう訳にはいかないウォルターはジェシーとその場を後にするのであった。

 

感想

 

トゥコに連れていかれた先は要介護車となった元麻薬王が住んでいる隠れ屋でしたが

薬物中毒で支離滅裂な言動をとるトゥコとベルを鳴らす元麻薬王が不気味かつ恐ろしい存在でした。

すぐにでも撃ち殺されてもおかしくない状況になってしまいましたが

突発的ですがジェシーとウォルターの反撃でトゥコに重傷を負わせることができてよかったのです。

 

しかし、ハンクが都合よく駆けつけたせいで車で砂漠を抜けられなくなったのですが

ちゃんと帰れるのか次回が不安ですね。 

次回も楽しみです。

 

 

次回 

 

〜執筆中〜 

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です