Just another WordPress site

海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン1 第7話 犯罪の境界線 あらすじ&ネタバレ

f:id:Macky1991:20190915122535j:plain
(あらすじ)

ジェシーに死の恐怖が襲うとウォルターは非常な極悪売人トゥコのためドラッグを増産するはめに。一方、スカイラーは妹の万引きを疑っていた。

※ネタバレ注意※

 

「ブレイキング・バッド」とは 

 

www.breakingbad.jp

 

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

 

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

 

 

前回のあらすじ

 

www.macky1991.jp

 

ウォルターとジェシーはそれぞれが製造と販売を担当することで

再び2人でメスの精製を始めるがジェシーはウォルターの体調に気づき彼がガンであることを知る。

ウォルターは副作用により抜け毛が始まるが自ら剃り上げて坊主頭になる。

ジェシーは新たば元締め先としてトゥコと取引するも失敗して

大怪我を負わされた上にメスも奪われてしまう。

それを知ったウォルターは単身でトゥコの元に行き爆発物で脅して契約成立をするのであった。

 

 

ストーリー

 

ウォルターとジェシーはトゥコから頼まれた量のメスの精製が難しく

材料が今以上に必要であることが発覚する。

少しでも治療費を稼ぎたいスカイラーはハンクの妻マリーからいただいた

赤ちゃん用のティアラを宝石店へ返品しに行こうとすると

店員からそのティアラが万引きされた盗品であることを知り拘束されてしまう。

スカイラーは後日マリーと会い万引きのことで問い詰める。

ウォルターとジェシーは大量のプソイドエフェドリンを入手するために

ドラム缶入りのメチルアミンが保管されている倉庫に忍び込み

硬くて分厚いドアをテルミット法を用いて解除して盗みだす。

彼らは約束の量のメスを見事精製して取引場所の廃車置場に行き

トゥコに渡して報酬をきちんと受け取れたが

トゥコの部下が不用意な発言に怒ったトゥコが

ウォルターとジェシーの目の前で気絶するまで殴りつけた。

 

感想

 

ようやく2人で密造を始められたものの要求された量が桁違い(汗)

だからと言って倉庫に忍び込んで盗み出すのは犯罪に犯罪を重ねてしまうのは世の摂理なのでしょうか。

ウォルターの科学知識で純度の高いメスから毒ガスなど危険なものを生み出してきましたが

今回もテルミット法という手段を使って犯罪に貢献させてしまうのでもはや悪の科学者という印象ですね。 

マリーも前回こっそり万引きしてましたがそれは店員の態度が酷かったので同感しましたが

どうやら癖になったようで万引きしたものをプレゼントしてしまうほどに感覚が麻痺してきてますね。

これが今後のエピソードにどう影響していくのか気になります。

次回も楽しみです!

 

次回 

 

www.macky1991.jp

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です