Just another WordPress site

海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン1 第6話 最凶のワル あらすじ&ネタバレ

Google Adsense

 f:id:Macky1991:20190915122535j:plain
(あらすじ)

ガン治療の副作用と膨らむ費用に苦しむウォルター。精製したらドラッグを買い取る仲買人が必要だと訴えるが、それがトラブルの始まりだった。

※ネタバレ注意※

 

「ブレイキング・バッド」とは 

 

www.breakingbad.jp

 

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

 

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

 

前回のあらすじ

  

www.macky1991.jp

  

ウォルターは億万長者となった旧友エリオットの誕生日パーチィーに招待され

彼から治療費の援助を持ちかけられるがウォルターは断る。

家を追い出されたジェシーは友人バッジャーとメスの精製をするがウォルトのものとは比べ物にならない出来だった。

ウォルターは家族からガンの治療を受けるように説得され治療することを決める。

ウォルターはジェシーの家に行き2人でもう一度メスの精製をすることを提案するのだった。

 

ストーリー

 

ウォルターとジェシーはそれぞれが製造と販売を担当することで再び2人でメスの精製を始める。

精製作業中に体調を崩したウォルターをジェシーは解放すると彼から麻薬密造を始める目的を知る。

その頃ハンクは地元住民の通報で砂漠に捨てられていたガスマスクを回収する。

それはウォルターがクレイジー・エイトと揉めたときに砂漠で落としたものだった。

捜査していく中でハンクはガスマスクがウォルターは教師を務める高校の化学室の備品であると発覚する。

ウォルターは治療の副作用による抜け毛が始まってしまうが思い切って髪を剃り上って坊主頭になる。

ジェシーは一晩だけでは十分な金額が稼げず

高額である治療費が必要なウォルターはジェシーに新しい元締めを見つけるように頼む。

ジェシーはクレイジー・エイトの後釜となったトゥコと接触するが

取引に失敗し数日間治療が必要なぐらい痛めつけられてしまいメスも奪われてしまう。

それを知ったウォルターは単身でトゥコの隠れ家に行き、

薬物で爆発を起こしてからトゥコを脅し彼との契約成立を果たす。

 

感想

 

再び密造を始めてしまうことになったけども2人の目的は前回と違うものでした。

今後は密造するたびに目的が変わっていくのでしょうけど

理由が悪化していかなければいいのですがどうなるものでしょうかね。

ハンクの調査でウォルターまで急接近しましたが彼ではなく

移民系の掃除係の方を疑い逮捕してしまったのは可哀想に思えました。 

新しい元締めとの取引に失敗して袋叩きされるジェシーが気の毒でしたが

ウォルター化学物質で作った爆薬を持ちながら単身でトゥコのところまで行き

脅しとして手持ちの爆薬を一つだけ爆発させてトゥコとの契約を成立にうまく持ち込めたのは

すごく勇気がいることでとても第1話のウォルターとは同一人物とは思えませんでした。

次回も楽しみです!

次回 

 

www.macky1991.jp

 

Google Adsense

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です