Just another WordPress site

海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン1 第5話 ウォルターの選択 あらすじ&ネタバレ

Google Adsense

f:id:Macky1991:20190915122535j:plain
(あらすじ)

ウォルターの昔の研究仲間がガンの治療費を払うと申し出てきた。スカイラーは受け入れるようにウォルターを説得しようと策を講じる。

※ネタバレ注意※

 

「ブレイキング・バッド」とは 

 

www.breakingbad.jp

 

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

 

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

 

前回のあらすじ

  

www.macky1991.jp

  

ハンクは新たに出現した麻薬王の捜査を開始するがその正体がウォルターであるとは気付かない。

ウォルターは麻薬製造に関わったことを隠すため家族に自分が癌であることを明かす。

ジェシーは実家に帰るが弟のマリファナが両親に見つかってしまう。

ジェシーはマリファナは自分のものだと嘘をつき弟を庇い家を追い出されるのだった。

 

ストーリー

 

ウォルターは億万長者となった旧友エリオットの誕生日パーチィーに招待されるが

スカイラーがウォルターのガンのことをエリオットに話したことを

察したウォルターはエリオットからの治療費援助を断る。

家を追い出されたジェシーは就職活動をする最中で保護観察中の友人バッジャーと会い

彼とメスの精製をするがウォルトのものとは比べ物にならない出来だった。

ウォルターJrは友人に頼まれてビールの購入を試みるが非番中の警察に見つかりハンクが迎えにいく。

ウォルターは家族からガンの治療を受けるように説得されるが

副作用や高額の医療費などの不安から拒否していたが最終的に治療することを決める。

ウォルターはエリオットの妻グレッチェンからの援助の申し出を断り

ジェシーの家に行き2人でもう一度メスの精製をすることを提案する。

 

感想

 

就職活動で苦しむジェシーがどこか転職活動をしている自分に重なって見えてきます。

ウォルターのガンが家族だけでなく旧友などの知人にも知り渡っていき、

運命を受け入れ治療を受けない選択をしてたから旧友の援助を拒否してましたが

家族のためにも闘病することに考え直しましたのが誤算となってしまい嘘をまたついてしまいました。

嘘に嘘を重ねていきますがいつまで真実がバレないまま続くのでしょうかね。

ウォリターは治療費、ジェシーは生活費のために再度麻薬の密造に関わっていくことになりますが

クレイジー・エイトの一件のように悪い結果にならないといいのですがどうなることやら。

次回も楽しみです。 

 

次回 

 

www.macky1991.jp

 

Google Adsense

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です