Just another WordPress site

休日の家事と新しい備品その1

f:id:Macky1991:20190719205421j:plain

 

みなさんこんばんわ

 

今日は仕事が休みなので少しのんびりしてから

プログラミング学習に取り組もうとしたら

親から電話がかかってきました。

 

 

親からのお使いは別居するまで続く

 

「今日はあなた休みなんだから皿洗いと

ご飯炊きに服の洗濯もしといてね

お昼食べ終えたら犬達の散歩と

柔軟剤切れそうだから今週柔軟剤がお得な

近所のドラッグストアで買ってきてね

最後に洗濯物は乾いたら必ず取り込んでね」

 

という内容で家事を頼まれてしまいましたが

住まわせていただいてる身なので

断るわけにはいきません。

 

色々済ませて行っていくと

時間が刻一刻と先に進んでしまっていき

用事を済ませ終えた頃には

もう夕方近くになっていました。

 

「せっかくの休日なのにやりたいことが

出来ずに1日がすぐに過ぎていく」

 

自分のせいで作業が進まないならまだしも

他者のせいで作業が捗らないのは

気持ちが良くないものですね。

 

誰かに作業を遮られないためにも

実家から独立をしたほうがいいと

改めて思い知らされました。

 

そのため今日の学習は出しが遅く

夕方過ぎから始めることになりました。

 

amazonからのお届け物

 

今日は昨日Kindleで購入した

スラスラわかるHTML&CSSのきほん 第2版」の

実践的に学習に取り組められる

「Chapter03 製作の準備とHTMLの基本」を

進めているときに家のチャイムが鳴りました。

 

チャイムを鳴らしたのは

宅急便のおじさんで私へのお届けもとのことでした。

ここで思い出しました。

 

先日プライムデーだったので

「MBP」に足りない備品を注文したのですが 

 本日届くことすっかり忘れていました(汗)

 

f:id:Macky1991:20190719205117j:plain

 

受け取ったのは大きい厚めの茶封筒ひとつ

思ってたよりも購入したものの外箱は小さいのでしょうね

 

f:id:Macky1991:20190719205640j:plain

 

それでは開封してみました。

中には私が「MBP」のために購入した

新しい備品であるUSBハブDVDドライブ

二つが一緒に入っていました。 

封筒の内側はプチプチがみっしりあるものだったので

箱の凹みや傷などは見受けられませんでした。

 

今回購入した備品は前回のように

本体の保護を目的としたフィルムやカバーなどではなく

本体の機能を拡張する実用的な備品になります。

将来のプログラミグ学習や転職先の職場にて

欠かせないものになると思い購入しましたが

DVDドライブは後述する理由で

持て余すかも知りません(汗)

 

USB-Cハブで機能拡張

 

f:id:Macky1991:20190719205153j:plain

 

今夜はUSBハブの紹介からいきたいと思います。

 USBハブと紹介しましたが正しくは

USB-Cハブと呼ばれるものになります。

また今回購入したものは

現行モデルのMacBook Airおよび

MacBook Proに対応した専用のものになります。

 

 メーカーはdodocoolという海外のメーカーで

Amazonなどで主に商品展開してるぐらいしか

情報がない謎の多いメーカーです。

 

 パッケージには製造国が中国であることと

この商品の型番がDC53であること、

そしてメーカーのサイトURLとQRコードが

背面に印刷されてました。

 

f:id:Macky1991:20190719213626j:plain

では箱を開けて中身を取り出してみました。

半透明の袋に入れられた本体と説明書の他に

保証のための会員登録を勧める紙も入ってました。

説明書は日本語の他に英語や中国語など

計7言語の説明が印刷されてました。

 

f:id:Macky1991:20190719214347j:plain

 

本体を袋から取り出してみました。

本体にはメーカー名のみが印字されただけの

シンプルなデザインですが本体色は

MacBookのスペースグレイに合わせてあります。

 

f:id:Macky1991:20190719205246j:plain

 

では側面から見ていきます。

左から電源ランプ、USB-Cポート、USBポートが3つ、

SDカードスロット(上)とmicroSDカードスロット(下)

になります。

USBポートはUSB3.0という規格なので

従来のUSB2.0よりも転送速度が10倍もあるそうです。

そのUSBポートが3つもあるというのはとても心強いです。

 

f:id:Macky1991:20190719205255j:plain

 

先ほどの左側面を見てみます。

左側面には液晶モニターや液晶テレビに

接続するためのHDMIポートがあります。

勉強会や説明会などでMacBookの画面を大勢の人に

見せるためには必要不可欠な機能の一つになります。

 

f:id:Macky1991:20190719205309j:plain

 

さらに左に回ります。

USB-Cプラグが2つも並んでますがここから

MacBook本体の左側にある2つのUSB-Cポートに差し込むように

間隔が合わせられるように設計されてます。

 

f:id:Macky1991:20190719205421j:plain

 

では早速USB-Cハブを接続しましょう。

 

f:id:Macky1991:20190719205431j:plain

 

MacBook本体とコンマ1ミリぐらいの隙間がありますが接続できました。

 

f:id:Macky1991:20190719205441j:plain

 

接続するとUSB-Cハブの電源ランプが緑色に点灯します。

 

f:id:Macky1991:20190719205459j:plain

 

では機能チェックをしてみます。

手元にあるmicroSDカード用アダプタのSDカードを差し込んでみます。

f:id:Macky1991:20190719221541p:plain

 

するとデスクトップ上にSDカードのフォルダが表示されました。

 

f:id:Macky1991:20190719221545p:plain

 

クリックして確認してみるとフォルダなどが入ってました。

中身の写真データなどの確認もできました。

ちなみにこのmicroSDカードは10年近く前のもので

私がスマートフォンに乗り換える前に使用していた携帯電話のものです。

 

新しく購入したUSB-Cハブは正常に動作することが

確認できたので一安心です。

 

今夜はここまでにして

次回は一緒に購入したDVDドライブについて紹介します。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

次回の記事の更新をお楽しみに

 

      

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です